Top
業界短信
雑誌
書籍
Web
コラム
Others

« 2006年12月 | メイン | 2007年02月 »

2007年01月 アーカイブ

2007年01月31日


「日経Click」 復刊 ?昔の名前で出ていますぅ?♪

日経BP社は、昨年の6/8売(7月号)で休刊した「日経Click」を一号限りで復刊する。
プレスリリースまで出されていて大仰でございますが、要するに「Windows Vista」のムックです。わざわざ「1号限定」と謳われている事に悲しみを感じてしまう訳ですが......。
発売日は「2/8」。ナゼに「1/30」じゃないのか?
BP書店にて予約受付中

2007年01月30日


「ASCII.jp」 本日オープン

本日、アスキーの新しいポータルサイト「ASCII.jp」がオープンした。
「ASCII24」などアスキーが運営していた各種サイトを統合した形となっている。
内容は下記のような8つのカテゴリーに分かれている。
 デジタルライフ/トレンド/データ/アスキービジネス
 アキバ/デジタル用語辞典/blogmag/アスキー365(ECサイト)

とりあえず、統合してみました。そんな感じなので何ともいえませんが、「Windows Vista」の発売日に合わせたかったという事らしいですな。
「Webに活路を......」という気概が感じられるかどうかの判断は皆に任す。

2007年01月24日


毎コミ 「PC Fan」2/1号 完売の見込

毎日コミュニケーションズは、「PC fan」 2/1号(1/15売)を完売の見込みと発表した。
発売7日目のPOSデータ数値は「76.4%」と初速も良く、最終仕上がり「88.9%」を予測する。
別に合併号でもなく、コンビニやキオスクなども配本する事を考えると非常に良い数字である。
毎コミの発表文書(↓の奴だよ)では「Windows Vista」の大特集などを完売要因に挙げているが、私個人としては、今は無き「DOS/V Special」の人気連載であった「PARTSジャンキーズ」が、この「PC fan」2/1号で連載再開した事が大きいのではないかと思っていたりする。

特攻買い出し隊「わしらPARTSジャンキーズ」が今や唯一の月2回刊PC誌「PC fan」で甦った事を素直に喜んでおりま?す。

「kanbai_0115.pdf」をダウンロード

2007年01月22日


ITpro 新・広告メニュー概要

と、なんか「日経BP社」の宣伝みたいなタイトルですが.......。
「リニューアル発表会」で説明された新しい広告メニューの概要を。

全体のメニュー構成に大きな変更はありませんが、
テーマ・フォーカスの再編に伴って「テーマサイト」広告メニューも再編され、
「廉価な大量露出型メニュー投入」など価格面での調整も行われています。
また、タイアップサイトのラインナップが一部変更されました。
さらに、BPnetで展開している「BPtv」と連動する動画を組み合わせた「Webセミナー企画」などの提供も開始されます。

「ITpro Data」で開始される各種新サービスとの連動広告メニュー/マーケティング・サービスなどの詳しい内容は暫く待つ必要がありますが、「ITpro」全体として見た場合、かなり充実したラインナップになる事は間違い無いと思えます。

◆当日の配布資料(一部)はこちら↓
「ITpro2007リニューアル発表会.pdf」をダウンロード
「広告メニューのご案内.pdf」をダウンロード

2007年01月20日


日経BP社 「ITpro」 3/1リニューアル

昨日、「ITpro 2007年リニューアル発表会」が開催され、3/1からのリニューアル概要が発表されました。前回の発表会から一年。次のリニューアルもちょうど一年ぶりとなります。
「ITpro」は順調に成長を続けており、昨年10月には「月間1655万PV 月間262万UB」を達成しました。※UB=ユニーク・ブラウザ

今回のリニューアルでは「領域・記事量の拡大から質の追求へ」という事で、「IT専門情報を過不足なく提供するため」に「より分かりやすく、より便利」なコンテンツ充実とWebサービス投入を推し進める事になりそうです。

「ITpro」専従の編集スタッフ数も20余名となり、「各雑誌編集部」との連携を保ちながら「ITpro編集部」独自のコンテンツ/サービスも以前より余裕を持って執筆/編集・構築/展開できる状況となっています。
といっても、「ITpro」への一元化方針を強く感じた昨年よりは「専門雑誌」との共生/棲み分けを意識したリニューアルと言えるかもしれません。

続きを読む "日経BP社 「ITpro」 3/1リニューアル" »

2007年01月11日


翔泳社 「SEOSEM Technique」 3月創刊

翔泳社は、3月上旬に「SEOSEM Technique」を創刊する。
誌名でおおよその予想は付くと思うが、Web制作者やサイト管理者、マーケティング担当者などに向けた内容となる。刊行周期は3月・7月・11月の年3回刊を予定している。
翔泳社は、この領域を含む内容を扱っているWebサイトとしてMarkeZine(月間40万PV、月間6万UU)を既に立ち上げているが、今回の雑誌では「MarkeZine」と連動する広告メニュー展開などもある。

判型は「B5変形」。「定型」じゃなくて「変形?」。(資料が間違っているっぽいな)
「年3回刊」というのが立ち上げ時の「翔泳社メソッド」要件になっとるかもね。
「開発の現場」や「IT Compliance Review」も季刊のような年3回刊のような感じだし...
どうも体感的に年3回刊というのは印象に残らないし覚えにくい。
日本が四季のある国だからか?
そういえば、「PM Magazine」は書店で最近、見掛けません。

2007年01月05日


技術評論社 「エンジニアマインド」隔月刊化

技術評論社は、予定通り「エンジニアマインド」を3/15売のVol.3より隔月刊化。
今後は奇数月での隔月刊行となる。これで技評の隔月誌は3誌になった。

また、新しいJava誌「Java Expert」も3月下旬に創刊される。
こちらは暫くは年に2回程度の刊行を予定している模様。
さらに、いよいよ技評でもWebサイトの本格利用も開始される予定だとか。

2007年01月01日


ども、謹賀新年

あけましておめでとうございます。エフエックス 舩津です。

Webサイトを名実ともに「blog」形態にリニューアルしました。
(細部の調整とコンテンツの充実は急務ですが.........)
すべての過去記事をエントリー化。さらにWebに掲載されていなかった1999年12月?2000年3月までのニュースが載っているメルマガ「創刊号から第15号」を復刻掲載しています。

今年も宜しくお願い致します。

購読

このブログのフィードを取得(ATOM)
このブログのフィードを取得(RSS2.0)

フィードリーダーを利用して投稿されるエントリーを購読することができます。[フィードとは]

アーカイブ

これまでの総アクセス数

当サイトに掲載されている内容は、エフエックス合資会社の見解である事を認識し、ご自分の責任でご利用下さい。

Copyright (C) 1999-2016
エフエックス合資会社
All Rights Reserved.