Top
業界短信
雑誌
書籍
Web
コラム
Others

« 2000年06月 | メイン | 2000年08月 »

2000年07月 アーカイブ

2000年07月28日


翔泳社 XML Magazine 季刊化

5/22に第1号をムックで発売した翔泳社の XML Magazine は、次号(9/11売)より季刊雑誌として刊行される事となった。第1号は首都圏を中心に完売という好成績を収めたとの事。「翔泳社らしい間口の狭い切り口」と以前に評価しましたが、それがITビジネスに直結する先端技術を求める読者にマッチしたようです。

第2号は、発行部数 35,000部予定。CD-ROM付き。

2000年07月26日


博報堂と NTT データの「e-Ad プラットホーム構想」って何?

両社は企業のマーケ・広告活動の完全デジタル化へ向けて動き出した。共同出資の持ち株会社の傘下にマーケ・広告活動に関連する多様な会社を配置し、さらに媒体社、広告主等との間にもネットワークを構築することでデジタル化を図るらしい

この程度の構想では、広告主の囲い込みはできないと思うし、合理化・省力化が目的ならば、上手くないように思います。ネットワークへの参加はオープンのようですが、メリットはあまり感じられない。

詳しくは、Daily BCN の掲載記事を参照して下さい。

2000年07月24日


毎コミュニケーションズ「 Mac Fan 」発売日変更

「 Mac Fan 」は 15 日発売号について、13 日発売への発売日変更を発表した。変更は「 MacPeople 」と同じく、9/13 売から実施される。

一応、これで一段落です。次に仕掛けるのはどちらかな?

2000年07月20日


アスキー「 MacPeople 」、毎コミ「 Mac Fan 」 先陣争い 激化 !!

6 月末に月 2 回刊のうち、1 日発売号を相次いで前月 29 日売への変更を発表した両誌の戦いは続く。当初、予定されていた 8/29 売からの発売日変更を「 MacPeople 」が 7/29 売からに前倒しすれば、すかさず、「 Mac Fan 」も同日からの発売日変更を発表。今回、さらに「 MacPeople 」は 15 日発売号についても、13 日発売への発売日変更を発表した。変更は 9/13 売から実施される。これも「 Mac Fan 」が追随するのは確実と思われる。

もはや情報戦の様相を呈しておりますねぇ。両社とも出版営業は大変そうだ。

2000年07月14日


IDG ジャパン 「 BackOffice World 」誌名変更へ

MS の「BackOffice」ブランド戦略の変更にに伴い、誌名変更が予想されていたIDG ジヤパンの「 BackOffice World 」は 8/27 売より
「 Microsoft Servers World 」に誌名変更する事となった。

2000年07月12日


頑張れ !! DOS/V 誌 !!

充分な機能を備えた低価格 PC の普及により、今はごく少数の「自作マニア」と「最新スペック狂」に支えられている「DOS/V 誌」。一時の自作 PC ブーム時に創刊された各誌は、現在、それぞれ苦境に立たされている。休刊・新装刊の検討は当然、必要だが、ハード至上主義の看板は大事にして欲しいのだ。

■オマケ
PC WAVE のラッセル社出版って、倒産しちゃってたのですねぇ。気が付かなくてゴメン!!遠い昔に「PC マガジン ( ソフトバンクのではなく、日本オリジナル)」っていう雑誌も有りましたねぇ。PC WAVE の追悼サイト

2000年07月07日


リクルート「ISIZE PC相談室」本日創刊

リクルートから初心者向けパソコン誌「ISIZE PC 相談室」が本日創刊された。発売周期は月刊、8日発売、A4変形、中綴じ、CD-ROM付きとオーソドックスな仕様です。競合する「日経クリック」「PC Life」等と圧倒的に違うのはWebとの連携が初めから組み込まれている点。ISIZE 内に作られた「PC 相談室」のWebは単なる雑誌と連動した情報サイトではなく、読者同士(読者以外もOK・会員登録制)のコミュニティサイトとして機能する仕組みとなっている 。

雑誌もそれなりに丁寧に作られており、Webの試みも、やはり、それなりに面白い。しかし、初心者が「相談できるパソコン誌」と銘打ったこの雑誌を支持するかは微妙。必ずしも成功しているとは言い難い「ISIZE」。「PC 相談室」を ISIZE への誘因剤とするなら、もっと安くするべきた。780 円は高いよ。ISIZE COMPUTER「PC 相談室」Web

2000年07月05日


技術評論社「Vine Linux」の販売・サポート終了へ

Project Vine が開発し、技術評論社が販売・サポートを行っていた日本語対応のLinuxディストリビューション「Vine Linux」は10月出荷予定の次期バージョンからレッドハットが販売・サポートを行う。

Linuxコミュニティの育成・発展に技術評論社の雑誌「Software Design」が果たした役割は小さくない。しかし、個人ベースの読者を対象とする技術評論社のカラーと急激にビジネス色を強めるLinuxディストリビューターとの間には大きな溝ができてしまったようだ。

Linuxビジネスの本格化によって、夢を砕かれた人、裏切られた人、今は笑っていられる人悲喜交々、なにやら、少し淋しい気持ちがするのは何故でしょうか?

2000年07月02日


IDG ジャパン 「BackOffice World」誌名変更か?

MSが各種サーバ製品に使用している総称「BackOffice」の使用を7 月にも停止する模様。今後は「Windows DNA 2000」を使うようだが、さらに分かり難いよね。この影響を受けるのが IDG ジャパンの「BackOffice World」。誌名変更は必至でしょうね。この際、大幅リニューアルかな?

2000年07月01日


Mac Fan に追随、アスキー Mac People も発売日変更

PC fan 、Mac Fan の発売日に連動する形でアスキーの Mac People も発売日が変更される。Mac People も1日・15日の発売日の内、1日発売を前月29日発売に変更。先行2誌と同様に9/1発売号を8/29発売に変更し、9月以降は15日・29日発売となる。アスキーの今回の決定は即断でした。週刊、隔週刊ペースの情報誌の場合、競合誌が1日でも早く店頭に並ぶ事は死活問題のようですね。

購読

このブログのフィードを取得(ATOM)
このブログのフィードを取得(RSS2.0)

フィードリーダーを利用して投稿されるエントリーを購読することができます。[フィードとは]

アーカイブ

これまでの総アクセス数

当サイトに掲載されている内容は、エフエックス合資会社の見解である事を認識し、ご自分の責任でご利用下さい。

Copyright (C) 1999-2016
エフエックス合資会社
All Rights Reserved.