Top
業界短信
雑誌
書籍
Web
コラム
Others

« 2008年06月 | メイン | 2008年08月 »

2008年07月 アーカイブ

2008年07月28日


インプレス 「IT Leaders」創刊説明会

先日、創刊がアナウンスされた「IT Leaders」の創刊説明会が先週末、青山ダイヤモンドホールで実施されました。
インプレスが雑誌の創刊説明会を大々的に行うのは、2001年3月に創刊したネット誌「できるインターネット(2002年3月に休刊)」の創刊説明会以来、実に7年半ぶりの事らしい。

さて、「IT Leaders」は「9月創刊」。発行形態はコントロールド・サーキュレーション。無償配布。イベントやDM等で募った購読希望者リストの中から、一定の条件を満たす者にのみ発送。

ユーザ企業の情報システム部門担当者に向け、市場に存在する「IT製品やサービス」に関する情報提供をメインに展開。
企業の命脈である「情報システム」を、あくまでも自社の責任と判断において構築して行くための「自立したユーザ企業」に必要な「知識と情報と心構え」を「ユーザに有用な視点」で提供していく。

発行部数は5万部。
創刊時には3万人の購読者リストに加えて、インプレスの保有する各種リスト(各種雑誌、書籍の読者リストやインプレス・ダイレクトの顧客リストなど)から抽出した条件適合者に向けた2万部のお試し配布を行う予定。

従来は、信用度が高いとは言えなかったインプレスの雑誌発行部数であるが、この「IT Leaders」については、「ABC」と「BPA」への加盟と部数公査を行う事を宣言している(具体的な公査実施は来年度)。
広告料金は4C1P 120万円(創刊キャンペーンあり)。詳細資料はこちらを参照⇒「新雑誌創刊のご案内」

ダラダラ書いてしまいましたが、
創刊説明会で感じた事は「あぁ、凄く本気なんだ?!!」という事。
急いで作ったツギハギの創刊準備号だけでは、雑誌の方向性が見えないのが残念ですが、「創刊号」は、媒体趣旨にそったユーザ企業にとって有用な内容となるのでしょう。

田口編集長、川上副編集長、期待して待ってます。頑張って下さい。

2008年07月22日


nikkei BPnetリニューアル発表会

本日、実施された「nikkei BPnetリニューアル発表会」の内容を掻い摘んで。

冒頭、「BP社のWebメディアの現状と今後」について、渡辺洋之クロスメディア本部長が説明をしてくれました。
それによると5月・6月のPV実績は1億2千万PVを突破、UBも1000万UBを達成したとの事。
広告売上も2008年1月?6月は前期比123%UPとなったそうです。
※それらを「ネット広告好調」と読み替えていいのかどうかは慎重になりたい話ですけど

「今後」の話としては、いつもの「P(ページ)V(バリュー)の追及」という話と、
新しく「BPnet」は「BP社」の枠を超えて「B(ビジネス)P(プロフェッショナル)の為のポータルになる」との話があり。

後を受けたBPnetの小出由三編集長が具体的な説明をしてくれました。
リニューアルは「10/7」実施。トップページでのカテゴリー表示も見直し。
BP社の専門メディアだけではなく、社外メディアとの連携強化を行うそうです。
「NIKKEI NET」や「テレビ東京(WBS)」など日経グループとのコンテンツ連携。
その他、ミロク情報サービスが展開し各種テンプレート等が充実しているhttp://www.bizocean.jp/など外部との連携強化も積極的に行っていく模様。
また、外部連携に関しては相互でのコンテンツ連携の延長線上に、独自のアドネットワーク構築による広告原稿スペースの斡旋なども検討しているようだ。

「BPnet」傘下の「ITpro」については林哲史発行人から説明がありました。
7/1におおよそのリニューアルを完了している「ITpro」ですが、
「日々、是、改善、リニューアル」という事のようですね。

体感速度のアップ、ユーザビリィティ向上、検索機能の強化などは、ほぼ完了済。

今後の目玉は「各種製品・サービス情報データベース」の構築です。9月スタート。
市場に出回っている主要なIT関連製品・サービスをジャンル毎にまとめた編集コンテンツとして提供。
リクルートが「キーマンズネット」で実現しているような「比較表」の機能も実装するそうです。
当初は製品数も少なくチョボチョボだと思いますが、一年間掛けて充実を図るとの事。
日々、発表される新製品については記者が新製品記事を書く作業をするルーチンの中に「データベース登録」を入れ込む事で、ほぼリアルタイムにデータベースに新製品がエントリーされる形態を取るようです(この体制は10月スタート予定)。

従来から存在する広告別冊「IT総覧」と連動する「ITpro Data」のコンテンツは並存します。
元々がこの「ITpro Data」の情報量が貧弱であるが故に、充実を図る方向へ行った筈なので、将来的には、今回の「製品&サービスDB」に置き換えたいとITpro編集部は考えているようですが、一方は有償掲載の記事広告ディレクトリであり、一方は純粋な編集コンテンツとなるので、「製品&サービスDB」と連動する広告メニューをどう設計するのかが、非常に大事ですね。
本格的な広告メニューの展開はDBが充実した来るであろう来春以降との事。
※トライアル広告(誰にとってのトライアルなんだろーね?まぁ、その形が順当でしょうし)としてタイアップ連動の広告メニューは来月にも稼動予定らしい。

と、ここまで聴きましたが、後は「TRENDYnet」の話なので失礼しました。スミマセン。

2008年07月01日


「アスキー・メディアワークス」 西新宿に移転

「アスキー・メディアワークス」は、今週末に新オフィスに引越しを行う。
従来、別々となっていた「アスキー」と「メディアワークス」のオフィスも統合される。

新オフィスでの営業開始は7/7(月曜日)より。
新住所は「新宿区西新宿4-34-7 住友不動産西新宿ビル5号館」

新宿と初台の「中間」......どっちから行くのが近いのかなぁ。

購読

このブログのフィードを取得(ATOM)
このブログのフィードを取得(RSS2.0)

フィードリーダーを利用して投稿されるエントリーを購読することができます。[フィードとは]

アーカイブ

これまでの総アクセス数

当サイトに掲載されている内容は、エフエックス合資会社の見解である事を認識し、ご自分の責任でご利用下さい。

Copyright (C) 1999-2017
エフエックス合資会社
All Rights Reserved.