Top
業界短信
雑誌
書籍
Web
コラム
Others

« 2010年07月 | メイン | 2010年09月 »

2010年08月 アーカイブ

2010年08月16日


更新が滞っております

単になるネタ切れです。夏バテではありません (^-^;

丹念に探せばネタはあるのだと思いますけれど......。
「新創刊」みたいな景気のイイ話は少ないし。

雑誌の実売部数情報も2009年度下期までデータは出でいますが、IT系専門誌の部数動向に大きな動きはありませんから面白くないです。

今は過渡期。恐らくはそういう事でしょう。
本格的な電子出版・電子雑誌の勃興期は、そこまで来ています。
今、暫くは各出版社とも他社の出方を様子見らしいですけど。

かつては違和感無く製造業に分類されていた動きの鈍い「出版社」が、どれだけ身軽な存在に変わっていけるのか?資本と販路が無いゆえに「編集プロダクション」に甘んじていた会社がどこまで伸びて行くのか?
出版物とアプリケーションの境界が曖昧になっていますから「Web制作会社」や「ソフトウェア開発会社」にもチャンスは大いにあるでしょう。

その辺が興味深いですね。下克上、下克上。

2010年08月04日


アスキー・メディアワークス 電子コミック雑誌を12月に創刊

アスキー・メディアワークスは、電子コミック雑誌「電撃コミック ジャパン」を12月に創刊すると本日発表した。
プレスリリース

「日本初」の「iPad/iPhone用 完全描き下ろし電子コミック誌」との事。
秋発行のパイロット版(プレ創刊号)と12月発行の創刊号は無料配信を予定。
※パイロット版は「理想書店」で配信される。

「コミック雑誌」=電子媒体、「コミックス」=紙媒体という図式は、保存性などを考えても非常に合理的だし判りやすいですね。

電子書籍/電子雑誌には、フォーマットの問題や既得権の囲い込みなど、まだまだ、色々とバタバタはしそうですが、ここに留まる事はないでしょう。

実験の出来る体力のある出版社は生き残りを賭けて競うべし。
制作環境が整ってくれば、出版事業の敷居はかなり低くなるでしょう。

その時に「編集」のチカラとノウハウは必要です。
紙媒体の専門雑誌も、どう棲み分けるか、差別化を図るかが重要ですね。
ここ暫く、電子書籍の様子を眺めてましたが、新しい段階に入る予感がします。

そうそう、最近、更新が滞っておりましたけれど、こんなのやってます。
「1topi 専門誌」 投稿システムが......モゴモゴ

購読

このブログのフィードを取得(ATOM)
このブログのフィードを取得(RSS2.0)

フィードリーダーを利用して投稿されるエントリーを購読することができます。[フィードとは]

アーカイブ

これまでの総アクセス数

当サイトに掲載されている内容は、エフエックス合資会社の見解である事を認識し、ご自分の責任でご利用下さい。

Copyright (C) 1999-2017
エフエックス合資会社
All Rights Reserved.