Top
業界短信
雑誌
書籍
Web
コラム
Others

« 1999年12月 | メイン | 2000年02月 »

2000年01月 アーカイブ

2000年01月26日


IT系雑誌ニュース [復刻版] 第7号

◇新創刊・新装刊情報◇
▼[日経BP社 日経ネットワーク創刊]
日経BP社は「日経ネットワーク」を月刊誌として 4月22日に創刊する。
ネットワーク技術を基礎からフォローする「お勉強」雑誌。初心者寄りの記事と中・上級向けの実務情報によって構成される。しかし、この実務情報の部分を多く取り上げてしまうとBP社内の競合誌との差別化ができないという弱点を持つ。
発行部数は30,000部、販売形態は直販。
広告料金は4C1P 580,000円、1C1P 400,000円

▼[日経BP社 日経ネットトレーディング創刊]
日経BP社はネット個人投資家の為の情報誌「日経ネットトレーディング」を4月3日に創刊する。今年度は4月/6月/9月/12月の4回発行の予定。
昨年、日経クリックの増刊として2回発行された実績がある。
発行予定部数は100,000部 広告料金は4C1P 800,000円、1C1P 550,000円

▼[日経BP社 新媒体発表会 こぼれ話]
昨日、新年感謝の夕べと同時に行われた新媒体発表会ですが、例年通り、発表会の方はオマケといった感じで、軽く流された雑誌はちょっと可哀相。
日経BP社は 6年連続増収、99年度は3割増益だそうです。

3/8創刊の「日経netbrain」はロゴの中にあった「@(アットマーク)」が普通の「a」になり、人知れずロゴ自体もリニューアルされてました。(「@」の付いてる雑誌が多いのでやめた様子)

◇休刊情報◇
▼[ソフトバンクパブリッシング DOS/V magazine CASTOMを事実上休刊]
ソフトバンクパブリッシングは「DOS/V magazine」の別冊として隔月刊で発行していた「DOS/V magazine CASTOM」をWebマガジン化すると発表した。
従来の紙媒体での発売は3/18発売号を以って終了し事実上の休刊となる。

自作PCのパーツ情報を扱う比較的コアな雑誌特性から、Shopの価格情報やデバイスドライバのアップデート情報などシームレスな伝達手段としてより相応しいWeb化を選択したという事だろう。今後の展開は同社ビジネスの潮流にも合致している。

IDGジャパンの発行するPC WORLDも先日、Web化が発表されたばかり、不採算雑誌や既存読者の大部分をインターネットでフォローできる媒体の紙からWebへの転換は穏やかな形の「休刊」手法として定着していくだろう。

◇業界短信◇
▼[アスキー エンタテインメント系雑誌を子会社へ移管]
アスキーは1/18付でファミ通などゲーム系雑誌等の出版部門を子会社のアスキービジュアルエンタテインメントに営業譲渡すると発表した。
このアスキービジュアルエンタテインメントは休眠していた「アスキー映画」の商号を変更した会社。エンタテインメント系雑誌の編集・広告は従来から所在地も別、組織も別だったので、実務上の混乱は無いと思われる。

▼[アスキー Mac People を ABC加入誌に]
アスキーはMac People を ABCに加入させた、公査結果は99年度後期分から 4月位にレポートが出るでしょう。

▼[日経BP社 広告賞 一次選考終了]
毎年恒例の広告賞も、一次選考も終了しそろそろ受賞作品が決定されます。
広告代理店は名誉しか貰えないのですが.....非常に喜ばしい事です。ハイ。

2000年01月17日


IT系雑誌ニュース [復刻版] 第6号

■新創刊・新装刊情報■
[アスキー女性誌に進出 1 GENDER創刊]
アスキーは女性誌「1 GENDER(ワン・ジェンダー)」2月28日に創刊する。
初年度は2月・4月・8月・10月の発行予定。CD-ROM付き。
編集・ライター・カメラマンに、だいぶお金を掛けた陣容となっています。
さぁ、どうなることやら。とりあえず創刊号を読みたいですね。

[アスキー MSDN Journalを早くも誌名変更・月刊化 !?]
アスキーから1月18日に創刊する隔月刊誌「MSDN Journal」を「MSDN Magazine」に誌名変更して3月17日売から月刊誌として再スタートする模様。
販売の形態はMSDN会員向けの無償・有償による配布と通常の書店販売となる。
また、今回の変更に伴いMICROSOFT SYSTEM JOURNAL(MSJ)が3/17売で、
MICROSOFT Internet DEVELOPER(MIND)が2/18売で休刊となる予定。

創刊号のみで無くなる「MSDN Journal」はレアなアイテムかもしれない。
(MSDN Journal 創刊号は書店では売ってませんので気を付けてください)
なお、3月17日の再スタートが4月へスライドする懸念も僅かに残されている。

■休刊情報■
[IDGジャパン PC WORLDを事実上休刊]
IDGジャパンは「PC WORLD」をオンラインコンテンツに変更する事を発表した。
従来の紙媒体としてのPC WORLDは3月号(2/8売)が最終号となる。
今後は同社のWebコンテンツの中核として位置づけられる。
PC WORLDのオンラインのみでの発行は世界でも初めての事である。
また、同社では企業の情報部門担当者に向けた新雑誌を準備中の模様。

■業界短信■
今回はお休みです。出版社は台所事情は厳しい所が多そうですねぇ。

2000年01月12日


IT系雑誌ニュース [復刻版] 第5号

■新創刊情報■
う?む、新創刊情報はないのだった。

■休刊情報■
休刊情報もありません。前号でお知らせした某誌の状況もそのまま。

■業界短信■
[2000年問題は何だったのか]
結局、今の所、何も起こらなかったのですが、これは各企業が膨大なお金と人員を投入したからのなのでしょうか?反動がコワイですね。
剰余人員の削減・各種費用の圧縮が始まって、また不景気に落込むのでしょうか?

次号は情報満載といたしますので、今回はご挨拶で失礼致します。
今年もこのメルマガを宜しくお願いいたします。

購読

このブログのフィードを取得(ATOM)
このブログのフィードを取得(RSS2.0)

フィードリーダーを利用して投稿されるエントリーを購読することができます。[フィードとは]

アーカイブ

これまでの総アクセス数

当サイトに掲載されている内容は、エフエックス合資会社の見解である事を認識し、ご自分の責任でご利用下さい。

Copyright (C) 1999-2016
エフエックス合資会社
All Rights Reserved.