Top
業界短信
雑誌
書籍
Web
コラム
Others

« 2007年03月 | メイン | 2007年05月 »

2007年04月 アーカイブ

2007年04月18日


「TechTargetの料金改定」によせて

アイティメディアの「TechTarget」が料金改訂を行った。
代表的なメニューである「ホワイトペーパーダウンロード」は、従来は3ヶ月間のリード収集料金が1コンテンツ「20万円」で提供されていたが、今回の改訂で2ヶ月間のリード収集料金で1コンテンツ「35万円」となった。
「セールスリード獲得型」の提供サービスを行っているメディアは複数あるが米国「TechTarget社」との提携によって提供されているシステムは他より優越であり、セールスリード件数やその質を考えると割安な設定となっていたので今回の料金改定は頷ける。

今回の料金改定を知ったのは4月頭であったが、非常に良い事だと思った。

「セールスリード」の獲得はSP/PR活動のレスポンスとしては最良の部類に入る物であるから、こういった「セールスリード獲得型」のサービスが単体でも高く評価され、各社が競い合って良いサービスが展開されるならば、「セールスリード獲得型サービス」=「短期間で具体的な効果が得られるサービス」と「雑誌広告やバナー広告などのディスプレイ広告」=「中長期で人の心象への効果が得られるサービス」の棲み分けができると思うからだ。

クリックレートの低下が止まらない「バナー広告」も、敬遠されインタラクティブ性を失った結果、「数値で把握できる効果」は空手形となり、僅かな流入するアクセス数に対して手間とお金を掛けて検証/解析する価値があるのかは疑問となった。やはり、「ネットの看板=ディスプレイ広告」として認識してもらうのが適当だろう。「看板」を純粋にシミュレートするなら、バナーをクリックしても何処かにリンクされる必要も無いが(苦笑)

棲み分けができて「セールスリード獲得型サービス」で具体的なレスポンスが得られるならば、「ディスプレイ広告」はあくまでも「ディスプレイ広告」として閲覧者の心象に訴えかける自由な表現ができるようになる。「タイアップ・コンテンツ」なども妙な欲を出して顰蹙を買う必要も無いので閲覧者にとって有益な内容である事を第一に考えたコマーシャル色が抑えられた良質な物になるだろう。

うーん、未完!!

2007年04月16日


毎コミ 「Mac Fan」 4/27売でリニューアル

毎日コミュニケーションズは、「Mac Fan」を4/27売でリニューアルすると発表した。
リニューアル後は中綴じから無線綴じとなり、綴じ込み付録(Book in Book)の体裁で続けてきた「Mac Fanビギナーズ」は巻末記事に移行する。
また、Webサイトを「Mac Fan.jp」としてリニューアルすると同時に本誌の付録CD-ROMを廃止する。

購読

このブログのフィードを取得(ATOM)
このブログのフィードを取得(RSS2.0)

フィードリーダーを利用して投稿されるエントリーを購読することができます。[フィードとは]

アーカイブ

これまでの総アクセス数

当サイトに掲載されている内容は、エフエックス合資会社の見解である事を認識し、ご自分の責任でご利用下さい。

Copyright (C) 1999-2016
エフエックス合資会社
All Rights Reserved.