Top
業界短信
雑誌
書籍
Web
コラム
Others

« 2009年03月 | メイン | 2009年05月 »

2009年04月 アーカイブ

2009年04月10日


オライリー 「Make:」日本語版 Vol.06発売中

「とにかく何でも作っちゃおう」の「Make:」日本語版、Vol.06発売中です。
日本語版オリジナルの記事も増加しております。
「米村でんじろう」先生がよくやっている「空気砲(ボルテックス砲)」の記事もあるぞ。
オープンソースのハードウェア+開発環境である「Arduino」の記事もたくさん。
ちっぽけなマイコンボードだけど、ナニをするかはアナタ次第だ。

今回の「Vol.06」以降は「年4回刊」で刊行されるそうです。
また、3回目となるイベント「Make: Tokyo Meeting 03」も5月に開催されます。
Make: Technology on Your Time Volume 06
Make: Technology on Your Time Volume 06

2009年04月06日


アスキー・メディアワークス 2誌を統合し硬派技術誌を新装刊

アスキー・メディアワークスは、「UNIX magzine」「NETWORK magazine」の2誌を統合して、テクニカル領域を広くカバーできる技術誌「月刊 ASCII.technologies」として新装刊する。
「月刊 ASCII.technologies」の第1号は5/23売(7月号)となる。誌名の通り「月刊誌」 24日発売。
季刊誌の「UNIX magzine」は6/18売、月刊誌の「NETWORK magazine」は4/24売がそれぞれ最終号となる。

新装刊の陰で伝統ある「UNIX magzine」が終焉を迎えるのも事実ですが、2006年6月のリニューアル以降は新しい道を模索していたので、今回の「月刊 ASCII.technologies」がその到達点とも思えます。
統合される2誌は、それぞれに扱える範囲が限定されていましたが、「月刊 ASCII.technologies」では、その頚木を離れた技術指向の記事に期待したいと思います。

「NETWORK magazine」のネットワークに関連する判り易いキャッチーなコンテンツは、「アスキー.PC」の誌面や、ASCII.jp傘下の「Tech.ASCII.jp」に引き継がれると思われます。

ネットでの情報検索に長けたITプロフェッショナルな人々にとって、浅く広くの専門誌はあまり必要の無いものになってしまいましたが、より高度に洗練され示唆に富む記事を求める読者は必ずいる筈です。
「月刊スーパーアスキー」がハイエンド誌として展開した頃のように、知的好奇心を推進力にして技術情報を突き詰めていく姿勢で提供する雑誌があったっていいと思います。1ヶ月掛かっても難しくて読みきれない雑誌があってもいいと思います。

今、新たに誌名へ「ASCII」ロゴを付けるまでには、紆余曲折もあったかもしれません。
でも、硬派な技術誌を諦めていない人が、まだいた事を私はうれしく思います。

記事予定など詳細情報は、また、いずれ。

2009年04月01日


「東京IT新聞」 インプレスへ

まだ、あったんだ......というのが、失礼ながら率直な印象なのですが......。

「東京IT新聞」発行元が何回か変わりましたけれど、インプレス傘下に流れ着きました。
インプレスグループ ニュースリリース 「東京IT新聞」の事業取得について
(脳内BGMは「椰子の実」で、どうぞ♪)

3/13に発表された「事業構造改革の実施及び2010年3月期連結業績予想について」では、「不採算事業の縮小及び撤退」「事業拠点及びインフラの統廃合」など、合理化・効率化・省力化を進めることになっており、実際にその方針に沿った形で「インプレスIT」が運営してきた「ThinkIT」などのIT系Webメディア事業を「インプレスビジネスメディア」に移管した。

インプレスビジネスメディア 株式会社インプレスITの事業継承のお知らせ
※事業継承なので、インプレスITは追々精算されるのか?あるいは休眠化?

あぁ、それなのに、「東京IT新聞」を買う、インプレス......ワカランなぁ。
2008年3月期決算でも純損失がでる予想になっていますが......。まぁ、いいや。

購読

このブログのフィードを取得(ATOM)
このブログのフィードを取得(RSS2.0)

フィードリーダーを利用して投稿されるエントリーを購読することができます。[フィードとは]

アーカイブ

これまでの総アクセス数

当サイトに掲載されている内容は、エフエックス合資会社の見解である事を認識し、ご自分の責任でご利用下さい。

Copyright (C) 1999-2016
エフエックス合資会社
All Rights Reserved.