Top
業界短信
雑誌
書籍
Web
コラム
Others

« 2003年10月 | メイン | 2003年12月 »

2003年11月 アーカイブ

2003年11月27日


毎日コミュニケーションズ 「 MacFan 」「MacFanビギナーズ」を統合

毎日コミュニケーションズは、「 MacFan 」「 MacFanビギナーズ」を統合し、月刊発行の新生「 MacFan 」とする。
月刊の「 MacFanビギナーズ」は11月売が最終号、
月2回刊の「 MacFan 」は11/29売が現行の発行周期での最後となる。

12/27発売の2月号より毎月29日発売の月刊誌として再スタートする。

畢竟、「休刊と刊行ペース変更を同時に行った」という事なんですけど、
「統合」とか「合併」って言われるとイケテナイ感が薄れるから不思議ですな。

だけど、これで、より純粋な趣味誌に戻り、
限られた少数の Macファン向けて濃い情報をどっしり構えて伝えて行ける。
実務誌みたいな面白みの少ない雑誌に比べて、作り手も読者も幸せかな。

2003年11月17日


朝日新聞社 電話/メールサポート付きの500円ムックを毎月発売

9/24売で月刊誌として刊行を停止し、不定期刊のムック形態への変更を発表していた「朝日ビジネスPASO 」ですが、今月末から「朝日Pasoムック」という形で毎月発売される事になりました。
「エクセル」「デジカメ」「ネット&メール」など内容をワンテーマに絞った
定価500円のムックですが、

「朝日ビジネスPaso」でも行っていた電話やメールの読者サポートが付いてます。
(年中無休かつ無料。ムック一冊につき2件まで)
今月は29日に2冊、12月は11日に3冊発売され、来年の1月以降は毎月23日に発売予定です。
そうそう、表紙には手塚キャラクターを使用するそうです。
(名悪役キャラ「アセチレン・ランプ」等も是非、起用してほしい)

こういうのもアリですね。雑誌売れないし。
分冊百科の変形というか、亜流というか...で、いずれは、完結?

2003年11月07日


日経BP社 「日経インターネットソリューション」 12月売を以って休刊

日経BP社は、「日経インターネットソリューション」を12月売で休刊すると発表した。
昨年の9月に「日経インターネットテクノロジー」からリニューアルを行い、
技術誌の範疇に留まらない「ネットシステムの企画・構築・活用誌」として、
上流から下流までのマネジメントサイクルを意識した誌面への移行を行った。
それは、あくまで「技術的な視点から発する」誌面作りが基本だった筈が

「企画/マーケティング」を本分領域とした「日経ネットビジネス」を昨年末に失った事で
必然的に技術誌と企画/マーケティング誌の責務を負ってしまった事は不幸でした。

指針が不安定な中でも「日経インターネットソリューション」は奮闘した思います。
特に最近は検索エンジン最適化(SEO:Search Engine Optimization)の連載なども始まり、
個人的には良い感じになってきたね!! と思っていたので残念です。

「日経インターネットソリューション」の2003年上半期ABC部数は
17,932部(前期比 831部 減少)であり、厳しい情勢の中で踏ん張っている方です。
確かにインターネットが基本インフラになっている現状では、

BP社の他の雑誌でカバーできる内容も多いの事実ですが、
インターネット関連の先端技術を専門に扱える媒体が無くなって良いのかは大きな疑問です。
また、採算悪化が原因という事であれば、その根は深く、休刊予備軍は数多ある事になります。

一度、休刊したアスキーの「インターネットでお店やろうよ!」も頑張っていますし、
インプレスの「 iNTERNET magazine 」も最近は一時の迷走から脱した感があります。
広い範囲でのインターネットビジネス誌には、まだ可能性がある筈なのですが...。
「日経インターネットソリューション」は、年の瀬に逝く。無念です。

2003年11月04日


[2003年上期(1月?6月)ABC公査部数] 実売部数「増加」ランキング

2003年度上期(1月?6月発売分) ABC部数からのトピックです。
厳しい中、部数を増加させた雑誌のランキングです。

第1位日経PC21164,869部( 4,919部 増加 )
第2位日経NETWORK74,756部( 3,984部 増加 )
第3位日経ITプロフェッシュナル47,880部( 4,919部 増加 )
第4位日経システム構築29,508部( 2,411部 増加 )
第5位日経Linux17,351部( 1,522部 増加 )
第6位アスキー.PC136,003部( 1,323部 増加 )
第7位日経CLICK77,043部( 1,144部 増加 )

※このランキングは「ABC 加盟誌のみ」のランキングである事を努々お忘れなく!!

主だったIT系雑誌の中で1000部以上部数を増やしたのは7誌だけですが、
軒並み大幅ダウンだった2002年下期に比べれば、全体として多少は上向いたと言えます。
リニューアルが「部数増」に繋がったと思われる雑誌が有るのも救いですね。
「日経Linux」は「Linux magazine(15,256部(2,300部減少))」を躱しました。

購読

このブログのフィードを取得(ATOM)
このブログのフィードを取得(RSS2.0)

フィードリーダーを利用して投稿されるエントリーを購読することができます。[フィードとは]

アーカイブ

これまでの総アクセス数

当サイトに掲載されている内容は、エフエックス合資会社の見解である事を認識し、ご自分の責任でご利用下さい。

Copyright (C) 1999-2016
エフエックス合資会社
All Rights Reserved.