Top
業界短信
雑誌
書籍
Web
コラム
Others

« 毎コミュニケーションズ「 Mac Fan 」発売日変更 | メイン | 翔泳社 XML Magazine 季刊化 »


博報堂と NTT データの「e-Ad プラットホーム構想」って何?

両社は企業のマーケ・広告活動の完全デジタル化へ向けて動き出した。共同出資の持ち株会社の傘下にマーケ・広告活動に関連する多様な会社を配置し、さらに媒体社、広告主等との間にもネットワークを構築することでデジタル化を図るらしい

この程度の構想では、広告主の囲い込みはできないと思うし、合理化・省力化が目的ならば、上手くないように思います。ネットワークへの参加はオープンのようですが、メリットはあまり感じられない。

詳しくは、Daily BCN の掲載記事を参照して下さい。

購読

このブログのフィードを取得(ATOM)
このブログのフィードを取得(RSS2.0)

フィードリーダーを利用して投稿されるエントリーを購読することができます。[フィードとは]

アーカイブ

これまでの総アクセス数

当サイトに掲載されている内容は、エフエックス合資会社の見解である事を認識し、ご自分の責任でご利用下さい。

Copyright (C) 1999-2017
エフエックス合資会社
All Rights Reserved.