Top
業界短信
雑誌
書籍
Web
コラム
Others

« オマケ [2004年上期(1月?6月)ABC公査部数] ゲーム誌 他 | メイン | IDGジャパン 定期刊行雑誌7誌のWebサイトを2/18 OPEN!! [追補版] »


[2004年上期(1月?6月)ABC公査部数] 実売部数ランキング

2004年度上期(1月?6月発売分) ABC部数からのトピックです。
軒並み大きく落ち込んだ2003年下期に比べると下げ止まり感が出て来ましたが、
復活の兆しが見えない雑誌も多く見受けられます。

第1位日経パソコン300,558部( 415部 減少 )
第2位週刊アスキー176,062部( 2,954部 減少 )
第3位日経PC21150,368部( 1,614部 増加 )
第4位アスキー.PC96,780部( 14,379部 減少 )
第5位日経ベストPC+デジタル74,047部( 2,535部 減少 )
第6位日経NETWORK67,622部( 2,588部 増加 )
第7位日経CLICK64,890部( 3,682部 減少 )
第8位Yahoo! Internet Guide61,859部( 6,495部 減少 )
第9位日経WinPC49,450部( 3,152部 減少 )
第10位ASAhIパソコン48,449部( 6,252部 減少 )
第11位YOMIURI PC47,769部( 204部 減少 )
第12位日経コンピュータ47,424部( 1,338部 増加 )
第13位Mac Fan47,018部( 13,474部 増加 )
第14位トランジスタ技術41,641部( 5,292部 増加 )
第15位日経エレクトロニクス41,115部( 1,479部 増加 )
次 点日経ものづくり39,869部( N/A?初公査 )

※このランキングは「ABC 加盟誌のみ」のランキングである事を努々お忘れなく!!
※Mac Fanの増減数のみ、前期比ではなく、前年同期比です。

一時休刊で公査対象外となっている「PC Japan」が抜けている以外は、
上位陣の顔ぶれは変わっていません。
以前は突出していた上位雑誌もここ数年でガクガクと部数を減らした結果、
全体に低部数となっていますが、さほど憂慮すべき状態では無いと思われます。
特筆すべきは「電子・機械系」雑誌が産業界の復調に連動して好調であった点ですね。

「 YOMIURI PC 」は前期に引き続き頑張りました。
その他、2?3万部台の技術専門誌は、今期も安定しています。しぶとく生き抜こう!

※数字に計算間違いなどが有りましたら、ご連絡下さい。

購読

このブログのフィードを取得(ATOM)
このブログのフィードを取得(RSS2.0)

フィードリーダーを利用して投稿されるエントリーを購読することができます。[フィードとは]

アーカイブ

これまでの総アクセス数

当サイトに掲載されている内容は、エフエックス合資会社の見解である事を認識し、ご自分の責任でご利用下さい。

Copyright (C) 1999-2016
エフエックス合資会社
All Rights Reserved.