Top
業界短信
雑誌
書籍
Web
コラム
Others

« ソフトバンクパブリッシング 定期刊化を狙う新機軸ムック 2種を刊行へ | メイン | 「日経パソコン 5/12号」 最終兵器「不肖・宮嶋」 出現ス »


[2002年度下期 ABC部数 ] 実売部数ランキング

2002年度下期(7月?12月発売分) ABC部数からのトピックです。

ほぼ、すべての雑誌が部数を減らしているのですから、予想は出来ましたが、
実際にランキング表を作ってみると想像以上に凄まじい結果となりました。
f/x が ABC部数を把握している範囲で、こんな事は初めてです。

第1位日経パソコン326,621部( 25,803部 減少 )
第2位週刊アスキー181,897部( 13,792部 減少 )
第3位日経PC21159,950部( 18,315部 減少 )
第4位アスキー.PC134,680部( 17,447部 減少 )
第5位PC Japan117,052部( 23,063部 減少 )
第6位日経ベストPC99,454部( 23,829部 減少 )
第7位Yahoo! Internet Guide79,453部( 4,965部 減少 )
第8位日経CLICK75,899部( 23,281部 減少 )
第9位Asahiパソコン71,614部( 13,931部 減少 )
第10位日経NETWORK70,772部( 2,932部 減少 )
第11位日経Win PC67,038部( 7,132部 減少 )
第12位Windows Start64,549部( 10,171部 減少 )
第13位朝日ビジネスPASO62,554部( 18,471部 減少 )
第14位日経ネットナビ57,001部( 11,323部 減少 )
第15位日経バイト50,024部( 6,039部 減少 )
次 点月刊アスキー48,576部( 7,756部 減少 )

※このランキングは「ABC 加盟誌のみ」のランキングである事を努々お忘れなく!!

2002年度上期のランキング(過去のニュース [2002/11/05] 参照)と比較すると順位変動は微々たる物ですが、ここまで頑張ってきた有力誌も今期は大幅な部数減少となり、比較的、健闘している雑誌ですら現状維持は困難で数千部のダウンとなっています。
書籍/雑誌販売が全体に低迷している中で、IT系雑誌も確実に地盤沈下しています。

ここで個別の評価を試みるのは、何とも厳しいので止めておきますが、50,000部程度の部数を堅持した老舗雑誌は善戦と云えましょう。

ちなみに次点の「月刊アスキー」を僅差の「 48,514部」で追うのは「日経コンピュータ(前期比 3,609部 減少)」でした。

購読

このブログのフィードを取得(ATOM)
このブログのフィードを取得(RSS2.0)

フィードリーダーを利用して投稿されるエントリーを購読することができます。[フィードとは]

アーカイブ

これまでの総アクセス数

当サイトに掲載されている内容は、エフエックス合資会社の見解である事を認識し、ご自分の責任でご利用下さい。

Copyright (C) 1999-2017
エフエックス合資会社
All Rights Reserved.