Top
業界短信
雑誌
書籍
Web
コラム
Others

« 朝日新聞社 「Asahiパソコン」「朝日ビジネスPASO」の資料請求サービス終了へ | メイン | アスキー 現法人を社名変更し、持ち株会社化 »


[2002年度上期 ABC部数 ] 前期比 部数減少幅 ランキング

2002年度上期(1月?6月発売分) ABC部数からのトピックです。前期 2001年度下期(7月?12月発売分)数値から減少幅が大きい雑誌のランキング。大きな実売部数を持つ雑誌は、振れ幅も大きくなりがちなので、実売部数ランキングでも上位に位置する雑誌も含まれていますね。

第1位Yahoo! Internet Guide84,418部( 29,331部 減少 )=====実売部数 9位
第2位月刊アスキー56,332部( 19,621部 減少 )=====実売部数 16位
第3位日経ネットナビ68,324部( 12,644部 減少 )=====実売部数 14位
第4位日経WinPC74,170部( 8,863部 減少 )=====実売部数 12位
第5位Asahiパソコン85,545部( 8,855部 減少 )=====実売部数 8位
第6位アスキー.PC152,127部( 7,675部 減少 )=====実売部数 4位
第7位PC Japan140,115部( 6,171部 減少 )=====実売部数 5位
第8位日経コンピュータ52,123部( 5,335部 減少 )=====実売部数 19位
第9位日経バイト56,063部( 4,494部 減少 )=====実売部数 17位
第10位Windows Start74,720部( 4,376部 減少 )=====実売部数 11位

インターネット誌の不調はブームが過ぎ、一通りの情報共有が為されたと考えるなら、妥当ですし、ブロードバンド環境の本格普及を思えば、今後も勝負が出来る雑誌達なので心配は無いと思います。日本のPC黎明期を牽引した、定番のPC総合誌達も、かつての勢いは無いとは言え、50,000部以上の実売部数を現在でも維持している訳ですから、立派な物です。信念を以って、磨きの掛かった誌面展開が行なえれば、古くより雑誌を支える古参読者達だけなく、中程度のスキルを持った新規読者も期待できる筈です。野心を失うなかれ。虎視眈々。※このランキングも「ABC 加盟誌のみ」のランキングである事をお忘れなく!!

ABC 非加盟の雑誌には是非、自発的な加盟を重ねてお願いしたい。部数を推定するのは、とっても面倒なのですよ。同じ土俵で部数を明らかにした上で真っ向勝負しましょうヨ。

購読

このブログのフィードを取得(ATOM)
このブログのフィードを取得(RSS2.0)

フィードリーダーを利用して投稿されるエントリーを購読することができます。[フィードとは]

アーカイブ

これまでの総アクセス数

当サイトに掲載されている内容は、エフエックス合資会社の見解である事を認識し、ご自分の責任でご利用下さい。

Copyright (C) 1999-2017
エフエックス合資会社
All Rights Reserved.