Top
業界短信
雑誌
書籍
Web
コラム
Others

« [2001年度下期 ABC部数] IT系雑誌は軒並み部数減少 | メイン | ソフトバンクパブリッシング 「 DIGITAL PHOTO 」6/20 始動 »


[2001年度下期 ABC部数 ] 実売部数ランキング 10万部超の媒体は7誌

2001年度下期(7月?12月発売分) ABC部数からのトピックです。ABCに加盟しているIT系雑誌で100,000部以上の部数となったのは7誌。

第1位日経パソコン349,762部( 3,092部 減少 )
第2位週刊アスキー187,847部( 12,337部 減少 )
第3位日経PC21174,132部( 12,433部 減少 )
第4位アスキー.PC159,802部( 635部 減少 )
第5位PC Japan146,286部( 25,818部 減少 )
第6位日経ベストPC122,046部( 29,133部 減少 )
第7位Yahoo! Internet Guide113,749部( 19,544部 減少 )
第8位Asahiパソコン94,400部( 8,051部 減少 )
第9位日経クリック92,576部( 24,492部 減少 )
第10位日経WinPC83,033部( 5,199部 減少 )

日経パソコンは相変わらず強いですが、流石に部数を減らしました。Best3は、最近はこれで固定されていますね。「アスキー.PC 」は「日経PC21 」に追いついて来ています。「 PC Japan 」少しペースを落とした感じも有りますが、コアユーザ向け雑誌が(社内競合誌も含めて)増殖する中で健闘していると思います。「 Yahoo! Internet Guide 」インターネット専門誌が成立し難い現状では致し方ないですな。「日経クリック」2月のリニューアル以後の推移が気になります。ABC非加盟や創刊直後でランキングに加わっていない雑誌の中には、好調とされる媒体も有りますので、その辺をご勘案下さい。なお、今回からソフトバンクパブリッシングの「PC Life (現:PC Life+DVD)」が公査から抜けています。

採算が取れていて、読者の評価が高ければ、多少の部数減少は専門誌にとって、それほど悲観する事柄では無いのだと思います。各種専門分野を扱う他ジャンルの専門誌に較べて、異例の発展を遂げたIT系雑誌ですが、もう一度、歩むべき道をしっかりと見据えてみる必要が有るでしょう。成長期に現場に在り、現在は管理層となられた方々の意識改革も重要かと思います。
「分を知らずして、強いて励むは己れが誤りなり」---徒然草。

購読

このブログのフィードを取得(ATOM)
このブログのフィードを取得(RSS2.0)

フィードリーダーを利用して投稿されるエントリーを購読することができます。[フィードとは]

アーカイブ

これまでの総アクセス数

当サイトに掲載されている内容は、エフエックス合資会社の見解である事を認識し、ご自分の責任でご利用下さい。

Copyright (C) 1999-2017
エフエックス合資会社
All Rights Reserved.