Top
業界短信
雑誌
書籍
Web
コラム
Others

« ソフトバンクパブリッシング 「UNIX USER」リニューアルしてました | メイン | 技術評論社 プログラミング系新雑誌 続報 »


広告媒体として価値の有る専門雑誌が正道でしょうか?

何?どういう意味?と思う方も多いと思いますが、これだけ雑誌が細分化してくると「非常に良い内容の雑誌」だが「広告への反響は絶無」という媒体が出てきてしまいます。雑誌にとって広告収入は大切な物なので編集側としても広告が入るように、広告効果が上がるように雑誌を作っていかざるを得ない理由ですが、これからも、それで良いのでしょうか?そろそろ、測定も難しい「広告効果」とは違う「雑誌価値」で、勝負すべき時が来たのではないかとエフエックスは「ぼんやり」考えています。
広告を生業とする広告屋が何を言っているのか、とお思いになるかもしれません。具体的な提案を近い内にお知らせできると思います。

購読

このブログのフィードを取得(ATOM)
このブログのフィードを取得(RSS2.0)

フィードリーダーを利用して投稿されるエントリーを購読することができます。[フィードとは]

アーカイブ

これまでの総アクセス数

当サイトに掲載されている内容は、エフエックス合資会社の見解である事を認識し、ご自分の責任でご利用下さい。

Copyright (C) 1999-2018
エフエックス合資会社
All Rights Reserved.