Top
業界短信
雑誌
書籍
Web
コラム
Others

« ITプロフェッショナル向け サイト「@IT(アットマーク・アイティ)」 | メイン | ソフトバンクパブリッシング 2000年度 広告局発表会 »


工学社「I/O (アイ・オー)」哀れな現状

70年代の終わりから80年代の「マイコン ブーム」を支えた「I/O」がリニューアルされていた。かつての愛読者としてキツイ事を言わせてもらえれば、A5判でカラーページを多用したUGチックな体裁、焦点ボケで薄?い内容。誰が680円も出して買うのだろうか。

実効の無い無残なリニューアルより、潔い引き際を見せて欲しかった。

購読

このブログのフィードを取得(ATOM)
このブログのフィードを取得(RSS2.0)

フィードリーダーを利用して投稿されるエントリーを購読することができます。[フィードとは]

アーカイブ

これまでの総アクセス数

当サイトに掲載されている内容は、エフエックス合資会社の見解である事を認識し、ご自分の責任でご利用下さい。

Copyright (C) 1999-2016
エフエックス合資会社
All Rights Reserved.